こだわりらーめん「しせん」

こだわりらーめん「しせん」は群馬県桐生市を中心に5店舗を展開する本格らーめん店です。

TEL.0277-22-3448

〒376-0052 群馬県桐生市天神町3-12-23

ブログ

ブログ

こだわりらーめん「しせん」サイト管理人のブログです。

ブログの一覧

桐生タイムス☆タウンわたらせ☆撮ってもステキ!メイキング風景 (^_-)-☆

桐生タイムス☆タウンわたらせ☆撮ってもステキ!メイキング風景 (^_-)-☆

2015.8月

出番がやって来ましたよ~!
今回はしせん相生店の日向リーダー

2015.8times200
店長を陰で支えるまさに縁の下の力持ち的な存在。
頑張ってるパートリーダーさんがこのような形で紹介頂ける事は本当に嬉しいデス(*^^*)

またタイムリーにも 今月25日こちら相生店の古巣を離れ,28日に運動公園店がリニューアルオープンします。
彼女も含め相生店スタッフは全員移動。
この撮影は彼女にとっても,お店にとっても記念すべき取材になりました。
桐生タイムスさんありがとう。

今回の休業にあたり,たくさんのお客様の反響に驚きました。
この地域に根づいた店になれるよう 期待添えますよう これからも一歩一歩前進あるのみです。

相生店 27年間ありがとう。

6/2はカレー記念日☆カレーを食べよう!

6月2日は横浜カレーの日!

1859年に横浜港が開港した時に
同時にカレーも日本に入ってきたとの説に基づいて制定されたそうです。(日本記念日協会認定)

k-curry200

他にもカレーにまつわる記念日をいくつか見つけましたのでご紹介します(^_^)

1月22日「カレーライスの日」
この記念日は1982年、学校給食開始35周年を記念して制定。
全国学校栄養士協議会で1月22日に、給食のメニューをカレーにすることが決まり、
全国の小中学校で一斉にカレーが出されたそうです。

8月2日「カレーうどんの日」
6月2日が「カレー記念日」で7月2日は「うどんの日」。
それぞれの料理を合体させたカレーうどんなので、
8月2日が「カレーうどんの日」になったそうです(笑)

と、いうわけで

今日は是非

当店自慢の自家製カレーをご賞味くださいませ

自家製麺 そば忠で販売中!(*^_^*)

10737863_387583241405469_1846944911_o

参考資料

オリエンタルカレー

http://www.oriental-shop.jp/hpgen/HPB/entries/8.html

★ソバと薬味でデトックス効果★

★ソバと薬味でデトックス効果★

デトックスとは体内浄化のこと

春はその機能が高まります

dai-ika200

薬味の中でもねぎ・わさび・大根おろし・とろろ

その効果を高めてくれますよ

美味しく食べて健康に♫

 

春はダイエットがしやすい季節

体の内側からキレイにしましょ♪

発見!お蕎麦でスリムになったヒト

発見!お蕎麦でスリムになったヒト

見つけました〜\(◎o◎)/!

昼食をお蕎麦に切り替え6か月・・・

なっなんと,マイナス10kg!!!!!!

clean-t200

こちらのイケメン 自社の取引業者Nさま。

現在も昼食はお蕎麦なんだそうですよ〜

最近,更にお顔の輪郭がシャープになって…

益々イケメン度UPしておりまする(笑)

※注意事項

開始早々からの天ぷらのトッピングはNG!だそうです(>_<)

薄着になるこの時期から頑張りましょう!エイエイオー

◎桃の節句におそばを食べよう◎

「雛そば」ってご存じですか???

3月3日雛まつり(桃の節句)といえば…現代では,菱餅・白酒・桃の花。

江戸ではもうひとつ欠かせない供え物がありました。。。

3.3-200

3月3日,又はその翌日に雛壇に供える「節供そば」です

江戸では 4日の雛 納めの日にそばを供えてから雛人形など,雛飾りをしまいました。

江戸時代の中期には,この「雛そば」の習慣が民間で幅広く行われていたと考えられます。

そもそも ひな祭りの起源は中国から

3月の最初の巳の日,人形(ひとがた)に災厄や罪穢れ(けがれ)を託し,船に乗せて水に流すという水辺の大祓い行事でした。

その行事が中国から日本へ伝わって

紙やわらで作った人形に体を当て擦り息を吹きかけるなどして心身の穢れを人形に移し流す「流し雛」に変わり

江戸時代も中頃になると,現在のように,豪華な雛人形を飾るという形式へと変化していきました。

その頃から「桃の節句」当日3月3日または,その翌日に

お雛様にお供えする「節供そば」があり,雛納めにそばを供えてから雛人形をしまっていたそうです。

yun_5601

樟脳(しょうのう)をそばの次手に買いにやり(明和2年(1765)の川柳)

3月4日は雛仕舞の日ということで樟脳を売り歩く行商がいたそうで,

その樟脳は蕎麦のついでに買うと詠っています。

「雛そば」は大切な習慣だったのでしょう

 

今年はお雛様におそばをお供えしてはいかがでしょうか?